和室の施工だったので、既存のジュラク壁を全て撤去しての施工でした。

dsc_0780

施工中に大雨が降り、外壁を伝って中の壁まで漏水が始まり
下地処理中の壁が台無しになりました。
漏水している床の間部分を残して仕上ました。
床の間部分の漏水箇所は、3ヶ月様子を見ましたが
漏水してこなかったため、そのまま仕上て欲しいということになりました。
水が回っているということは事実なので、
建物のためにも早く修繕したほうがいいと心配しています。
色や仕上りのほうは、大変満足していただきました。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

クリック!

読んで良かったと思われたら、下のブログランキングをクリックしていただけると励みになります。

カレンダー

2020年4月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
2020年4月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

プロフィール


株式会社メガステップ
代表取締役小山宗一郎

スタッフと共に珪藻土に関する有益な情報を書いていきたいと考えております。
>>詳細はこちら

メニュー